今日、息子ののどがかれました。

昨日から息子は風邪をひいているようで、夜少し熱が高かったのですが、朝起きて「お母さんおはよー。」といういつものセリフの声が枯れていました。

大丈夫か?というくらい枯れていてかわいそうなので、明日、病院へ行ってきます。
息子は保育園へ行くようになってから、風邪をもらってきては治って、またもらってきては治っての繰り返しです。
そうやってだんだんと強くなっていくのだと思いますが、高熱が出た時にはハラハラしてしまいました。
体の中で菌と戦っているのだな、と思うと熱を無理やり下げてはいけないな、と思うのですが、とても辛そうだったのでこの間は解熱剤を飲ませました。
そういえば私も小さいころよく熱が出て、夜中に解熱剤をお尻から入れられて痛かったのを覚えています。
私が先生から今もらっている解熱剤は飲み薬なのですが、お尻から入れるのって今もあるのかな?ちょっと気になってしまいました。
子供のころの痛い経験って結構覚えているものですよね。
子供には色々な経験をたくさんさせてあげたいと思っているので、ひとまず喉の風邪が治るように見守ってあげたいと思います。

コメントは受け付けていません。